流行に流され「うっせぇわ」と言う女子学生は、性格だけでなく顔も不細工になる?

2021/02/03

雑記②

t f B! P L

今回は、大ヒット中の「うっせぇわ」という楽曲に触発されている学生たちの話です。

流行に流され日常で「うっせぇわ」と言い続けていると性格だけでなく顔も崩壊していく可能性がある

「うっせぇわ」が流行中

2020年10月にリリースされた楽曲『うっせぇわ』。

大ヒットとなって年が明けた今でもなお各所で耳にしますが、特に女子学生には「中毒性がある」「かっこいい」などの理由で圧倒的に支持されているようです。


しかし楽曲に触発されすぎているのか、巷では女子学生が口癖のように

「うっせぇわ」

と言っているのを見かけるようになってしまいました。


なかなか言いやすくキャッチーなフレーズであるため、既に流行語と言ってもよいくらいの広まりようです。

その言葉自体はきれいなものとは言えませんが、果たして大丈夫なのでしょうか?

人相を形成するのは先天的なものが2割、あとの8割は本人の言葉

結論から申し上げますと、大丈夫ではないと考えられます。

このまま「うっせぇわ」と言い続けていると、将来的には容姿に影響してくる可能性があります。


なぜなら、人相の形成に、先天的な要素(骨格など遺伝的なもの)は2割程度しか占めていないためです。あとの8割は後天的な要素となります。


あとの8割の後天的な要素とは何でしょうか?

それは感情です。

感情は表情筋を動かします。そして動かされた表情筋は、目つき・口元のかたち・眉毛の角度などを固めていき、人相を形成していきます。


そして人間は感情をストレートに顔に出す生物ではありません。出していては社会生活から脱落していってしまうからです。

中学生高校生大学生になるころには、感情をコントロールする術を身に着けていきます。

言葉は感情をコントロールできてしまう

その感情のコントロールにおいて、言葉が非常に大切になります。


何かの悪い事象に対し、一呼吸おいて感情をコントロールする。

その際に人は必ず言葉を使います。

実際に言葉を発しなくても、頭の中では言葉を使っているはずです。


そこでマイナスの言葉を使用していたら、感情をプラスの方向に振ることができるでしょうか?

できませんね。

表情筋がマイナスの感情を表現するために動き、それが長い年月積み重なることによって、マイナスの人相が形成されていく可能性が高まっていきます。


つまり、人相を形成するのは言葉であると言っても過言ではないわけです。

ネガティブな言葉は控えめに

以上、「うっせぇわ」を口癖にする危険性を説明させていただきました。


楽曲自体は大ヒットしておりますので、学生の心をつかんだ素晴らしい作品なのだと思います。

曲は曲として楽しみ、日常生活においては「うっせぇわ」のフレーズを多用しないようにしましょう。



QooQ